アフィリエイトビジネス - ビギナーズラックでヒットし月10万円以上の収入

ビギナーズラックで2つのサイトがヒットし毎月10万円以上の収入

アメリカ出張で目にした、これは間違いなく日本でも売れると感じた商品を紹介するサイトを作成したところ、それが見事にヒットし稼いでくれた。またその他のサイトでもグーグルアドセンスだけで月に10万円の収入となっていた。

アマゾンの数万円とGoogleアドセンスの10万円の稼ぎが続く

初めてネットビジネスとしてアフィリエイト収入を得てから、私は一応独学でアフィリエイトを学び、SEOを研究した。

 

いや正確には、したつもりであった。

 

しかし、それは「学び」とは到底言えないものであった。

 

アメリカで見つけたグッズをアマゾンアフィリエイトで

 

続いたビギナーズラック

続いたビギナーズラック

「アフィリエイトで稼ぐには!?」、その命題に沿った情報商材も幾つか購入し、塾にも入った。

 

私の場合、その後もヒットしブレイクしてくれたサイトが幾つかあり、情報商材や塾の費用は完全に取り戻しているが、これも単なるラッキーそのものと言える。

 

たまたまアメリカに出張したおり、現地で見かけたとあるグッズ、これは間違いなく日本でも売れる、そう感じ、すぐさまネットで調べたが、まだそのグッズを扱うアフィリエイトサイトは無かった。

 

すぐさま購入したツールも活用し、専門の販売サイトを作成した。

 

扱っているのは当時、アマゾンだけだった。

 

当時はYahooが日本では検索の主流であったが、そのサイトは2年ほど、Yahooで検索1位をキープし、アマゾンから毎月数万円が報酬として私に入ってきた。

 

ブランド商品アフィリエイトサイトでアドセンス収入

 

その後、ある有名ブランドの、しかもある特定のカテゴリー商品のサイトを作り、そのサイトはSEO業者にお金を払い、検索の上位に上げることに成功した。

 

ただ、そのサイトで扱う商品は全く売れず、しかしアクセスだけは多いのでGoogleアドセンスが結構な収入となった

 

アドセンスだけで、毎月10万円を超えていた。

 

この調子で、この考え方で、このペースでアフィリエイトをすれば、いつかはスーパーアフィリエイターに成れる、そう考えていたが、砂上の楼閣、基本的な考えが全くなっていない人間が、たまたまラッキーで2つのサイトをヒットさせただけの事。

 

ツールを使い機械的に価値の無いサイトを量産したが、ほとんど報酬は増えない、どころか中国に出張中に、Googleアドセンスから警告メールを受信した。

 

「あなたのサイトはアドセンス・ポリシーに反しています。3日以内に修正をしないと登録を抹消します。」

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

ビギナーズラックで2つのサイトがヒットし毎月10万円以上の収入関連ページ

本サイトの立ち上げの動機と主旨
アフィリエイトの魅力は何と言っても殆ど資本がゼロでスタートが出来る事、目標達成レベルも、達成までの期間設定も自由で自己の采配で行える所にある。パソコンのキーが打てるならば、年齢が幾つになっても継続が可能なビジネスである。
インターネットデビューとアフィリエイトビジネスとの出会い
私とインターネットとの個人的な関わりのスタートは2003年からで、楽天ブログを開設し、その後メルマガを発行し、オリジナルサイトを独学で作り、そこにグーグルアドセンスを貼って最初の収入を得たのがネットビジネスの第一歩だった。
初めて作成したアフィリエイトサイトで高額商品が売れる
オリジナルサイト作りで得たHTML言語の知識を基に作成した幼稚なアフィリエイトサイトで紹介した高額な商品が売れた。思えば、このビギナーズラックのお陰でアフィリエイトを簡単なモノと勘違いし、随分と遠回りをする事となった。
上海出張中にGoogleアドセンスから警告メールを受け取る
アフィリエイト、ネットビジネスなど簡単なモノと高をくくっていた私は、上海出張中にグーグルアドセンスから警告を受けた。警告は定型文で違反箇所の特定もされず、またインターネットの環境が悪かった中国では手の打ちようが無かった。
Googleアドセンスのアカウントが抹消されアフィリエイトを断念
グーグルアドセンスのアカウント抹消となった私は帰国後、自分のサイトを隈なくチェックし違反するサイトを見つけた。それは練習で作成し放置していたサイトで、コンテンツの無いサイトにアドセンスを貼るとういう違反を犯していた。
最高のサイト作成ソフトとアフィリエイト指南教材との出会い
数年間アフィリエイトから離れていた私は、2012年の初夏、転職で中国の広州に赴任をした。単身赴任先の広州でマンションに一人暮らしをする私には、時間的な余裕が山ほど出来て、それをアフィリエイトビジネスの再挑戦に注ぎ込んだ。

ホーム RSS購読 サイトマップ

マネーネット powered by TrendLead