アフィリエイトビジネス - ドメイン種類・購入・ネームサーバー登録

ドメインの種類・購入・ネームサーバーの登録

アフィリエイトサイトを持ちインターネットで公開する為には、独自ドメインとサーバが不可欠である。ドメインとサーバーの基本的な関係としくみ、またドメイン購入時の注意点、ネームサーバーの変更・登録について解説をする。

ドメイン会社:独自ドメインを購入しネームサーバーを登録する

このサイトのアドレスは、「http://picpear.com/」であるが、そのドメイン「picpear.com」は自分で好きな言葉、アルファベットを考え、ドメイン販売会社で既に使われていないかどうか検索し、購入したものである。

 

ドメインの種類と値段

 

ドメインの値段は、1年間で幾らというもの。

 

当サイトのドメインは、最後が「.com」であるが、この最後の「ドット以下」によってドメインは金額が変わる

 

最も高い部類に入るのが、「.co.jp」や「.jp」で年間4,000円~2,900円。

 

私は取得が可能であれば、コストパフォーマンスに優れていると思われる、「.com」を優先していて、これは年間900円ほど。

 

この年間費用はドメイン販売会社で違う

 

私は、殆どを「お名前.com」でドメインを購入している。

 

 お名前.com

 

ドメインの購入

 

ドメインの購入

ドメイン会社の販売サイトに行き、そこで検索機能を使い、欲しいドメインが買えるかどうかチェックする。

 

例えば、「ドラえもん」という名前のドメインが欲しいなら、「doraemon」と入れ、購入出来るかどうかを検索する。

 

ドメインの購入では、以下に注意すること。

  • 「.com」が最も無難といわれている
  •  

  • サイトの名前に合わせたドメインが良いとされている

「サイトの名前に合わせる」といのは、例えば「サザエさん」をテーマにしたサイトを作成するならば、可能であれば、購入が出来るならば、その名前をそのままドメインにする、という意味で、この場合「sazaesan」というドメインが最も良い、とされている。

 

ネームサーバーの変更・登録

 

ドメイン販売会社は、レンタルサーバー業務も行っているので、購入したままでネームサーバーを変更しないと、購入した会社のサーバーに登録されたままとなる。

 

お名前.comで購入したドメインを、エックスサーバーで管理、運営する場合、お名前.comにエックスサーバーのネーム・サーバーを登録する必要がある

 

ネーム・サーバー手続

 

上のページは、「お名前.com」のドメイン管理ページであるが、このページの右端の「ネームサーバー」の欄にある「変更する」をクリックすると、以下のページに移る。

 

ネーム・サーバー変更画面

 

上のページで、ネームサーバー情報の入力で、エックスサーバーでドメイン管理を行う場合は、それぞれ以下のように入力し登録をする。

 

  • プライマリネームサーバー : ns1.xserver.jp
  •  

  • セカンダリネームサーバー : ns2.xserver.jp

 

以上で、ドメインに関しての手続は終了。

 

以降、購入した独自ドメインの管理、運営はエックスサーバーで行う事となる。

 

但し、毎年のドメイン費用は購入した「お名前.com」に対して支払う事となるので、勘違いの無いように。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

ドメインの種類・購入・ネームサーバーの登録関連ページ

インターネットで自分のオリジナルサイトを公開する基本
インターネットに独自に作成したオリジナルのアフィリエイトサイトをアップし公開するために必要な知識として、ウェブサイト公開に関しての基本的なしくみ、またお勧めのレンタルサーバー、ドメイン購入先をご紹介する。
レンタル・サーバーへのドメイン登録
アフィリエイトビジネスでは多くの場合、独自のサーバーでは無くレンタルのサーバーと契約をし、購入したドメインを登録し、サイトをサーバーで管理する事となる。契約したレンタルサーバー会社へのドメイン登録に関して解説をする。
レンタル・サーバーへのアップロードとサイト公開
購入した独自ドメインを付けたオリジナルのサイトを作成完了したら、最後は契約したレンタルサーバーにアクセスし、サイトの全データーをサーバーにアップロードすれば、自分のサイトがインターネットで公開される。その手順を説明する。
ホワイトハットSEOとブラックハットSEOと
他のサイトからリンクをされると、リンクされたサイトの評価は上がる。このサイト評価の1つの手法を利用した自作自演のリンク貼りは、ブラックハットSEOの代表例だが、当然、私は一切行った経験が無い。
検索エンジンに対しても配慮をしルールやマナーを遵守する
ブラックハットSEOを一切せずホワイトハットSEOのみに徹する。そして訪問者だけの事を考えてサイトを作れば良いかと言えば、検索エンジンに対する配慮、すべきとされるルールやマナーも遵守するべきと考えてサイトを育てている。

ホーム RSS購読 サイトマップ

マネーネット powered by TrendLead