アフィリエイトビジネス - 記事を専門家や経験者に依頼する際のスタンス

記事執筆を専門家や経験者に依頼する際のスタンス

かつて会社勤めをしながらアフィリエイトを副業で行っていた時分、記事の執筆を依頼する際は細かいルールを守る事を執筆者に求めたが、アフィリエイト専業になってからは、書きたい事、伝えたい事を自由に執筆してもらうようにしている。

マイペースで書きたい事・伝えたい事を自由に執筆してもらう

私のサイトの記事は、私自身が書く事もあるが、大多数はサイトテーマに関する専門家、経験者に書いて貰っている。

 

副業時代は詳細なルールを設定

 

以前は、私のサイト作りに完全にマッチする形式、フォーマット等の仔細を書き手に要求していたが、最近は全く指定をしていない。

 

その詳細な指示、指定は、とりもなおさず、私の手間を省くためであった。

 

細かく指定したルールに則った記事を、ほぼそのまま、何の手も加えずにサイトに投入する…

 

そういったシステムを構築する事で私の作業時間を確保していたが、それはある意味、会社勤めをしている時分の時間節約がメインの目的であった。

 

しかしアフィリエイトビジネスを専業としてからは、全く方針を変えて記事を専門家、経験者に依頼している。

 

アフィリエイト専業になってからはルールを撤廃し自由に

 

執筆をスタートして頂く前に、テーマに沿った記事表題を互いに考え、アイデアを出し、こういう記事を書くという合意を以って、それらをカテゴリーに分け、全体の記事数を確認し、執筆スタートをして貰っている。

 

記事を書いて頂くにあたっては、納期も納品形態も完全に自由にしている。

 

執筆者は副業で記事を書いているのであって、それぞれ本業を持つ身、本業を疎かにして書いて頂く必要は無い。

 

あくまでもマイペースで、書きたい事、書くべきと思われる事、伝えたい事、伝えるべきと思われる事を自由に書いて貰っている

 

私にとってだけ有益なルールや規定は、コンテンツの内容にとって無意味であるどころか、弊害と成りかねないと考えたからだ。

 

以前、記事の執筆を依頼したプロのライターに、「貴方のクライアントとしての方針はオカシイ。納期等は依頼主が指定するものだ。」と言われたが、当分はこのスタンスで行きたいと考えている。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

記事執筆を専門家や経験者に依頼する際のスタンス関連ページ

アフィリエイトサイトの存在意義と姿勢
私は何十年経っても存在価値が色褪せないサイト作りを目指している。時代に即したアップデートな対応や、その都度の修正は継続するが基本は恒久的に有益なサイトが目標だ。記事の記述にも高給性を持たせる事に常に注意を払っている。
面倒で避けられる作業こそがチャンス
アフィリエイトサイトは、作り込みに時間や手間を掛けようと思えば際限なく掛けられる。副業でアフィリエイトに取り組む場合、効率性、要領の良さは重要な要素だが、差別化を図るなら皆が避けて通る道を敢えて選ぶ事も必要であると考える。
インチキな副業・サイドビジネス広告には注意を
誰しもラクをしてお金を稼ぎたいと考えるもので、いつの世でもお金儲けで騙す人間と騙される人間が後を絶たない。アフィリエイトを含むネットビジネスでも全く同じで甘い言葉で誘うインチキな副業広告に騙されないように注意したい。
依頼した記事に完全さは求めず自分で完成させる
私はサイトのテーマに対して専門家、有資格者、経験者に記事の執筆を依頼するが、納品された記事に文章としての完全さ、完璧さは求めない。枝葉末節な文章校正は私が行い体裁を整えている。サイト作りの作業分担であると受け止めている。

ホーム RSS購読 サイトマップ

マネーネット powered by TrendLead