アフィリエイトビジネス - ランディングページで申し込みの簡単さをチェック

ランディングページ(LP)で申し込みの簡単さをチェックする

同業種のアフィリエイトプログラムを同じサイトで紹介すると、キャンセルされやすいプログラムと成約率の高いプログラムで色々なパターンが出来てくる。訪問者の立場と紹介するアフィリエイターの事を、良く考えている広告主を選ぶべきだ。

アフィリエイトプログラム毎の成約率違いとLP

アフィリエイトサイトで、同業種の数社のプログラムを複数紹介していると、それぞれのプログラムで色々と差が出て来る。

 

  • クリック数は多いが仮契約されないプログラム
  •  

  • 仮契約されるが本契約されずキャンセルとなるプログラム
  •  

  • 本契約される確率が高いが報酬が安いプログラム

 

このようなパターンで、どれを優先して紹介するべきか、データーを見て悩む場合がある。

 

成約するプログラムとキャンセルされるプログラム

 

いくら報酬額が高額であってもキャンセル率が高いプログラムは、何処かに問題が潜んでいると考えるべきで、やたら登録に必要な項目が多かったりする。

 

要するにゴールまでの距離が長いのだ。

 

訪問者も最初は登録するつもりがあっても、長々と記入必要事項が出て来て、途中で止めて去ってしまう…

 

こういう事態に対してアフィリエイターは何の手段も講じる事は出来ない、全て広告主の研究不足が原因なのだ。

 

如何に簡単に申込みが完了するか

 

逆に報酬金額は低くとも成約率が非常に高いプログラムも幾つかある。

 

報酬額が低いと同時にハードルも低いのだ。

 

そういった広告主ほど、こちらの記事「 承認率が100%に近い会社ほど承認タイミングも早く優秀さを感じる 」でも紹介したが、承認まで時間が掛からない、発生後、すぐに成約となる。

 

この歓迎すべき広告主のランディングページを見ると、特にスマホサイトなどでは、個人のメールアドレスを入れるだけで登録完了となっている。

 

流石に研究し対策をしていると感心する。

 

その対策はアフィリエイターにも行なわれていると感じる。

 

Win - Winの実践だ。

 

アフィリエイターはサービスを紹介するだけが仕事だ。

 

その後の処置は広告主の努力如何だ。

 

多くの事項の記入を求める広告主は、同業他社のランディングページを研究し学ぶべきだ。

 

それが出来ていない会社ほど、承認のタイミングも非常に遅いが、高額な報酬金でアフィリエイターにアピールしても基本がなっていない会社は、いつかアフィリエイターから見放されると私は思っている。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

ランディングページ(LP)で申し込みの簡単さをチェックする関連ページ

同じアフィリエイトのプログラムでもASPで報酬金額が違う
アフィリエイトプログラムを扱うASPも色々あるが、全く同じプログラムでも報酬金額がASPで違う事が多々ある。扱うバナーやLPが違う場合もあり、報酬発生条件は各社同じなので、より有利なASPのアフィリプログラムを選ぶべきだ。
A8に対する不信感を伝えたところ劇的な改善が
2014年8月、ASP最大手のA8からメールが来た。あるプログラムの特別単価を用意したのでアフィリエイトをして欲しいというリクエストだった。今までのA8に対する不信感を伝えたところ、劇的な改善が見られた。
タレント・芸能人・著名人の写真使用は考えものか
アフィリエイトする商品やサービスの中には、TVで良く見るタレント等をイメージキャラクターとして起用しているプログラムもあるが、いつかはそのタレントとの契約が終了し、サイトに使用した画像を入れ替える作業が発生する事となる。
大手・有名企業のアフィリエイトプログラムは要注意か
誰でも知っている有名企業の製品やサービスのアフィリエイトプログラムは、売れやすい、成約しやすいとアフィリエイターは考えるが、私は有名企業の新製品、新サービスは扱わない事にしている。プログラム終了のケースが多々あるからだ。

ホーム RSS購読 サイトマップ

マネーネット powered by TrendLead